よっぴースペース

社会人三年目休職&インドネシアへ留学中の26歳アラサー♀。

【旅行】日本人皆無!?国立自然公園のカリムンジャワ島へ一人旅!

こんにちは、よっぴー(@yoppie_92)です。
相変わらず常夏なジョグジャカルタで元気で過ごしています。

今回は、かなり前ですが人旅をしてきた国立自然公園のカリムンジャワ島についてご紹介します。
三泊四日で滞在しましたが、日本人には一人も会いませんでした。欧米人が多かったです。

動画もアップロードしているので、こんな綺麗な海が気になった方はぜひ!

www.youtube.com

よっぴー的おすすめしたい人

ちなみに自分はノリで休暇の時間つぶしに程度で行ってみたのですが私はとても満喫できました、個人的にはこんな人におすすめだと思ってます。

  • 都会に疲れた(人口一万人以下)
  • 綺麗な海が好き(サンゴ礁だらけ)
  • 田舎の島に行きたい(島の中に信号機ゼロ)

パノラマで撮った写真はこんな感じ。砂浜がめっちゃ白いの!

f:id:yoppie92:20181029160229j:plain

カリムンジャワ島とは?どこ?

カリムンジャワ島(Pulau Karimunjawa)は中部ジャワ州に属し、ジャカルタジョグジャカルタがあるジャワ島の北側にある島です。

2011年時点での人口は9,000人と言われており、ジャカルタのような都会の喧騒から逃れるにはおすすめのところです。

行き方は?

ほかの島と繋がっている橋も無いため、カリムンジャワ島へ行く方法はフェリー・飛行機のどちらかとなります。

フェリー

今回、私はジェパラ港(Pelabuhan Jepara)からカリムンジャワ港までフェリーを利用したのでその例をお伝えしていきます。
なお、ジョグジャカルタ市内からはTravelと呼ばれる中距離バスで港まで来ました。
CitratransCitytransという二社が現在、港までのバスを走らせています。

こんなひとに、フェリーはおすすめです!

  • 時間に余裕がある
  • 安く済ませたい
  • ローカル感を味わいたい

フェリーの種類

ほぼ毎日走っているフェリーですが二種類あります。

  • Siginjai:遅い、安い(74,000ルピア)
  • Bahari:速い、高い(177,000ルピア)

詳しいスケジュールはこちらです。スケジュールが変わる可能性も高いのでリンクのみ。
Jadwal Kapal Karimunjawa • Agen Wisata Karimunjawa

予定時間の一時間半~一時間前にはチケット売り場が開きますので、並んでチケットを購入します。
私は船酔いする自信100%だったので、事前に酔い止めを飲んでおきました。

飛行機

ちょうどカリムンジャワを訪れていた時に、ジャカルタなどからの直行便が始まるとの広告を見かけたので改めて調べてみたのですがなかなか見つからず。

ということで、飛行機の場合にはスマラン(Semarang)という中部ジャワの街から飛行機が飛んでいます。

どこに泊まる?

一人旅の時にはもっぱらホステルばかりのよっぴーです。
今回は一泊110,000ルピアの、こちらのホステルに泊まりました。

goo.gl

今年、オーストラリア人夫婦がオープンしたばかりのホステル。
奥さんのお父さんが建築家で設計したとのことで、お洒落で綺麗です。
旦那さんはオーストラリアの日本料理レストランで働いていたということで、彼が作る料理は日本料理からヒントを得たものがたくさん。

オープン後、初めての日本人客だと教えてくれ、なんだか良い気分でした。
奥さんが宿泊管理、旦那さんがキッチンを担当して二人で作るホステルなんて素敵すぎませんか!?
奥さん・旦那さんと書いていますが、私と同年代くらいの二人でした。素敵。

島での過ごし方

スクーターで島中を走り回ろう

カリムンジャワ島には信号がひとつも無く、バスなどの公共交通機関もありません。
そこらへんで小学生くらいの少年がヘルメット無しで普通にバイクを運転してます。見慣れてしまうけれどよく考えたら日本では考えられない光景ですよね。

今までインドネシアで一度もバイクの運転はしたことがありませんでしたが、今回初挑戦してみました。
本当に小さな村なので頑張れば一周できてしまうし、交通量もかなり少ないです。

どの宿泊先でも一日1000円以下の値段レンタルバイクを頼むことが出来るので、受付で相談してみましょう。

私が愛用しているゴジェックもここにはないけれど、新しい経験も楽しいもんです。

【関連記事】インドネシア版Uber『ゴジェック(GO-JEK)』が出来ることまとめ

シュノーケリングツアーに参加しよう

スクーターと同じく、どの宿泊先でも提供されているのがシュノーケリングツアー。
複数のホステルのお客さんが集まってツアーが組まれています。

離島に行ったりシュノーケリングしたり、丸一日きれいな海を満喫できるのでとてもおすすめです。こちらの動画はこのツアーに参加した一日の様子。

www.youtube.com

金額は、200,000ルピアでお昼付きです。
カクレクマノミやウミガメを見られるポイントでシュノーケリングが出来、私も見ることが出来ました!そして本当に海がきれい。

これは必ず参加してほしいです!すごくすごく楽しかったけれど寂しかったのはどこもかしこもカップルだらけだったこと。

ビーチでひたすらゆっくりしよう

いろんなビーチがあるカリムンジャワ島。
みんなが訪れるような人気のビーチもあれば、ここ入っていいんだよね?と不安になるくらい人気のないビーチもあったりします。

宿泊先で人に尋ねたりしつつ、自分のお気に入りのビーチを見つけてみましょう。

謎①サメと泳げるって本当?

本当!
だけど現在は一時閉鎖されていて、復活時期はまだわかっていません。

ということで私も今回はサメちゃんたちを拝むことは出来ませんでした。
どうやら地域自治体との問題が発生しているようで、それが解決しない限りは難しいようです。

観光客が襲われたといったニュースは見かけなかったのでサメの飼育環境などの問題かもしれませんね。

謎②日本人は本当にいないの?

本当!
実際に私が訪れたのは三泊四日のみでしたが、一度も日本人に会いませんでした。

一番多いのはバケーションで訪れている欧米人、その次に韓国人といった感じです。
実際に道を歩いていても、韓国人に間違われることが多かったです。

バリのようにスパ、バー、レストランがあるような島ではありません。
知名度とともにそういった「何もない」が日本人は知らないままになってしまっている理由のひとつかもしれません。

よっぴー的感想

本当に行ってよかったです!
あんなにきれいな海を見たのは生まれて初めてでした。

とにかく海がきれい

死んだサンゴ礁が砕けて砂になっているようですが、ガイドのお兄さんに砂浜が白いい理由を聞いてみたところ、「神様が私たちに与えてくれたんだよ」とのこと。
そういうことじゃなくてー!事実を教えてくれ!と思いつつも、信仰心が高いインドネシア人らしいなと思えた場面もありました。

インドネシアの田舎話を聞けた

また、一人でスクーターに乗っているとガイドで生計を立てている人たちと仲良くなることが出来ました。
「ジョコウィ政権になってから変わった。数年前には道路の舗装ももっと悪かった、電気も12時間しか使えなかった。」とのこと。

ジャカルタから飛行機で乗り継いでも数時間しかかからない場所に、まだこんなところがあるという驚きでした。

また、日本だとどの政権になったからといって自分の生活に直接影響が出たことを実感する機会は少ないと思います。少なくとも私は感じたことがなかったので、彼らの言葉がとても新鮮でした。

 

インドネシア語は英語のように世界中で使える言葉ではありません。
それでも、こんな風に目の前の誰かと仲良くなれる・ネットなんかでは出てこない実情を知る・感じることが出来る、っていうだけで私はすごく幸せだなあと思えます。

まだまだ進化を遂げるであろうカリムンジャワ島、バリ島のような王道の観光地じゃなくていいから隠れた楽園としていろいろなひとに愛されたらいいなあなんて思いました。

行ってみたいと思った方、ローカルのお兄さんたちと知り合いになれたのでお手伝い・ご紹介もお任せください。それでは、さんぱいじゅんぱ。