よっぴースペース

社会人三年目休職&インドネシアへ留学中の26歳アラサー♀。

【留学】ガジャマダ大学でガルーダインドネシア航空割引がゲット出来ちゃった話

こんにちは、よっぴー(@YOPPIE92)です。

遂に12月も終わりが近づいてきてますね。
9月から始まった留学ですが、今月7日に修了式がありました。
今日は修了式のお話です。

全然タイトルと話が違うやんけー!ってなりますが、繋がってます。

f:id:yoppie92:20181218215329j:plain

ガジャマダ大学の学期制

インドネシアの名門大学、ガジャマダ大学は8月・2月から学期が始まります。
今回のダルマシスワ留学の指示でガジャマダ大学に着いたのは9月頭。

ということでダルマシスワの学生のみ1ヶ月丸々遅れての参加となるのです。
これは多分これから先もこうでしょう…。

授業を終えた感想

正直全然伸びた気がしない!いや、ちょっと伸びたかな?

というのが今の感想です。
比較しても仕方ないのですが学生時代の留学でゼロから学んだ時との伸びとは全く違います。
ゼロから生活できるようになった、という伸びは多分これからもなかなか超えられないだろうw

それでもちょっと伸びたかな?と思えるようになりました。
それは語彙力が単に増えたというのもあるけれど、同じことを指す表現を複数覚えるようになったからだと実感しています。

母語である日本語と同じように、インドネシア語の表現力も豊かになり始めた気がする。
先生が苦手すぎて休んだこともあるけれど、やったことは少しずつ忘れもするけれど地肉になっていくんだなと実感。

でもそれって勉強だけじゃなくて仕事もそうだよね。
(参考:インドネシアで気付く営業の大切さ

修了証と一緒に貰ったのは?

修了式の話に戻りますw

各レベルから代表者がスピーチを終え、こんな感じで一人一人が修了証を貰いました。

f:id:yoppie92:20181218201544j:plain

その中に入っている一枚のカード。修了式ではなんの説明もありませんでした。

Kartu alumni
カードに書いてあるのは、要はガジャマダ大学の卒業生の一人だよ〜というカードだそうです。
上級クラスを修了した留学生のみが、このカードを受け取っていました。

(参考:ガジャマダ大学の外国人向けインドネシア語コースについて

カードの効力

「このカードがなんの意味を持つのやら?」と思っていたところ、友人から回ってきたメッセージ。

f:id:yoppie92:20181218205318p:plain

エ!メッチャスゴイ!ということで訳してみます。

カードの効力(日本語版)

  1. ガルーダインドネシア航空21%割引
  2. Wisma KAGAMAの宿泊10%割引
  3. Wisma MM UGMの宿泊25%割引
  4. Hotel MM UGMの食事15%割引
  5. Hotel UC UGMの宿泊10%割引
  6. 大学図書館への出入り
  7. シティリンク航空8%割引

2〜5は、学内にある宿泊施設の割引。
家族とジョグジャカルタに泊まりに来る予定がある時なんかにはいいかも?

それよりも!驚きなのは!
ガルーダ21%割引・シティリンク8%割引!

公式の事務所にて購入する必要はありますが、20%割引はかなり魅力ですよね。
国際線も使えるのかな?どこかのタイミングで使ってみたい。

普段文句ばっかり言っててゴメンネという気分。
さすが名門大学でした、待遇がすごすぎる。

注意点

おー!じゃ、私もガジャマダ大学留学して割引ゲットだぜー!と思った皆様に注意点

①購入は公式事務所のみ

注意点は、各社の公式事務所でしか買えないところ。
と、考えると日本にいるときに国際線に割引を適用させるのは難しい…?

クーポンコードで20%割引をばらまかれても困りますもんね、、、w

どこかのタイミングでオンラインでもこれが適用されるといいけれど、そんな改良がされてもその知らせを受け取るのが難しそう。

②上級クラス修了者のみ

ガジャマダ大学は3レベルにクラスが分かれていますが、これを手に入れられるのは上級クラスのみです。

一学期目で修了することが出来たのでとてもラッキー。これからの旅行先で使えちゃう。

初級もしくは中級からスタートしたとしても、上級クラスが終わるタイミングで留学が終わってしまうとしたら、利用するタイミングがなかなか無いかもですという注意。

とりあえず使ってみたい

本当に21%割引されるの…?と今も半信半疑状態です。
国内線で旅行するタイミングで是非とも使ってみたい!

 

インドネシア国内を周りまくりたい人・ジョグジャカルタにいたい人にとって、使い方によってはこの割引とってもお得かもしれません!
留学先を選ぶ時の参考の一つにしてもらえたら嬉しいです。それでは、さんぱいじゅんぱ。