よっぴースペース

社会人三年目休職&インドネシアへ留学中の26歳アラサー♀。

【留学】授業料無料・生活費給付でインドネシアへ、ダルマシスワ留学

こんにちは、よっぴー(@yoppie_92)です。
Youtube(YOPPIE Channel)をついに日本語で配信し始めました。
ターゲットやらなんやらがぐちゃぐちゃです。

今回は、先日の記事(インドネシア留学ってどうやるの?)でお伝えした
ダルマシスワ留学についてざっと!簡単に!説明します。

記事はすべて、2018/19年度公式ページを参考にしています。
毎年応募の時期には最新の内容に更新されるかと思うので必ずご確認ください。
とりあえず英語読むのめんどくさいからざっと教えてくれ!って方は是非読んでみてください。

ダルマシスワ奨学金留学って?

教育文化省と外務省共同の、インドネシア共和国政府主催の奨学金です。
語学・芸術などを約1年間、生活費やビザのサポートをしてもらいながら勉強することができます。

募集要項

  • 学生優先
  • 高卒以上かつ17〜35才
  • 英語またはインドネシア語でコミュニケーション可能
  • 健康面に問題なし(健康診断結果表の提出あり)
  • 応募科目(語学or芸術)に基礎的な知識があること

応募プロセス(めっちゃざっくり)

オンライン応募(必要書類を提出)→電話/大使館で面接→結果発表→ビザ準備→渡航
必要書類を全てオンラインで出来ることにはとても感動!
日本でも諸々の試験たちはこうなれば良いのに…。

必要書類

  • (英文)履歴書
  • (英文)健康診断結果
  • パスポート(18か月以上の有効期限が必要)
  • 推薦状
  • 最終学歴の卒業証書
  • (英語またはインドネシア語)

奨学生の権利

  • 生活費の支給
  • ※地域によって異なりますが、約2万円程度
  • オリエンテーション中の宿の提供
  • オリエンテーション中のお小遣い
  • 受入れる大学での住居探しのサポート

奨学生の義務

  • 大使館(領事館)からの文書にサインをすること
  • インドネシア到着予定日を報告すること
  • オリエンテーション前にインドネシアへ到着すること
  • オリエンテーション前にかかる滞在費は自己負担すること
  • このプログラムを全うする事
  • 修了後、受入れる大学へレポートを提出する事 

会社員時代よりも、自分でコントロール出来る時間が増えるため、どれだけ自己管理出来るかが鍵なのかなと感じております。

正直奨学金だけでは日本人の方が生活するのは難しいと思います。
ただ、色々なサポートが多いのは本当にありがたい事です。
ただ行こうか悩んでるっていう人はとりあえず受けてみたら良い!
合格してから考えれば良いんだもの。 

応募した理由や実際の面接などのお話もどこかで書きます。
以上、さんぱいじゅんぱ。